薬ではなく食べもので健康な心と身体を作る予防内科医 兼 起業家 関 由佳

これからの10年はアメリカでインプットとアウトプットを

 今、日本とアメリカで味噌作りの会を開催しています。今年はカリフォルニアに引っ越す予定です。特にシリコンバレーは常に新しいことが生まれるところだし、新しい発想を受け入れる環境が整っていて、健康意識が高い人が多いのです。

グーグル本社が取り入れている社員の健康管理をする「健康経営」はその代表です。食べることで自分らしく生きる、働く、やりたいことを実現していくことでハッピーになる。そうすると誰かの役に立って周りの人もハッピーになり、みんなでハッピー。きっと良い味噌が作れると思います。

私のゴールは、誰もが健康でやりたいことをやって生きていける世界を作ることです。競争ではなく、「共創」していくこと。

日本の女性に伝えたい

 私がそうだったのですが、日本の女性は往々にして自己肯定感が低いですよね。不安感が先に出てしまい、自分が出した答えに対してどのように社会が答えを出すかを先に考えてしまう。自分を抑えて、人に迷惑をかけないように、ダイレクトにものを伝えることもないですよね。でも海外に出ると、自分であるだけでOK。自分であるだけで褒めてもらえる。そして自分のことも褒める。自分のことも肯定するし、人のことも肯定して、お互い認め合う関係がある。きっと生まれた時からそういう環境で育ったのかもしれませんけど。私は両親がいつでも何でも応援してくれて、一番の応援者だから、とてもラッキーだったと思います。

 日本の女性はどうしても頑張ってしまう。だからまず、味噌汁を飲んでホッとしましょうと伝えたいです。力を抜いて、今ある幸せを感じて、自分のことをケアしてあげて。そうしたら、その先にある色々なものがきっと見えてくるので。私はその温かい物を口にしてホッとする、美味しいとか幸せを感じることを料理を通してお伝え出来たらと願っています。

まずは味噌汁飲んでホッとしよう!

関 由佳 プロフィール

内科医、味噌ソムリエ、野菜ソムリエ、メディカルフード研究家

主な著書:やさい麹腸活みそレシピ