<COVID-19> IRS、現金給付開始

NBCニュースによると、米国内国歳入庁(IRS)が4月11日土曜日からコロナウィルスにおける救済法の一環としてアメリカ国民に現金の給付を開始したと伝え、多くのTwitter ユーザーが現金の給付を受け取った事を投稿したと述べている。

IRSの情報は、こちら

2019年(2019年のTax fileをしていない人は2018年の数字を参照)に75,000ドル未満を稼いだアメリカ人は、1,200ドルの全額支払いを受ける資格があり、共同で申請し、150,000ドル未満を稼いだ夫婦は、2,400ドルを受け取る。 世帯の子供全員に、追加で一人あたり$ 500が支払われる。

75,000ドルを超えた場合、制限を超える収入100ドルごとに5ドルずつ支払いが減額されます。 $ 99,000以上を稼いでいる個人、または$ 198,000以上を稼いでいるカップルの支払いはゼロに減少。

今回のIRSからの現金給付は課税扱いとならない。

税金やその他政府への借金を負ったからといって、支払が免除される事はない。ただし、養育費が滞っているアメリカ人は、現金の支払いが減額または廃止される可能性があると述べている。

直接支払いを承認したCARES法は、1回限りの預金のみを承認しましたが、今後の更なる経済情勢の悪化が見込まれれば、追加の法律が制定される可能性もあるという。

Close Menu
×
×

Cart