世界経済成長ランキング

世界銀行6月8日月曜日に発表した最新の世界経済見通しレポートによると、COVID-19の世界的流行の予想される経済的影響が見ることができる。

世界経済は今年5.2%縮小し、これは第二次世界大戦以来最も深刻な景気後退を示しているという。

「これは深く冷静な見通しであり、危機は長期的な傷跡を残し、世界に大きな課題をもたらす可能性が高い」と世界銀行グループのエクイタブルグロース、ファイナンス、担当副社長、Ceyla Pazarbasiogluは述べ、「より多くの人々が貧困と失業に陥るのを防ぐために、できるだけ強力な回復を再構築する方法を見つけることが対策方法だ。」と述べた。

またこのレポートによると、死者数が多い国と観光に大きく依存している国、貿易と商品の輸出に頼っている国が、パンデミックの影響を最も受けると予想されている。

パンデミックの封じ込めに早くから成功し、経済再開を実施した国が最も成長率低下の影響が少ないと見ている。

これは1870年以来過去のどの経済不況よりも多くの国に影響を及ぼしている真の世界的危機であると言える。 2020年1月の予測と比較して、世界銀行は世界の成長予測を7.7ポイント下方修正し、特にユーロ圏、ブラジルが経済成長の見通しに最大の打撃を被っていると伝えた。

Close Menu
×
×

Cart