日本の外国人労働者数は過去最高

ドイツの統計・調査オンライン会社のStatistaの調査によると、日本で働く外国人の数は、2019年に約170万人で最高値に達したと伝えた。日本に入国する外国人労働者の数が長年にわたって増加した後、日本は過去2年間、外国人労働者を引き付けるための取り組みを強化している。日本の人口は急速に高齢化している為、日本政府は海外からの才能を持ち込む必要性を感じているようだ。

主にアジアの途上国からの移民、さらには西欧からの移民が今は、日本に多くやって来ている。厚生労働省のデータによると、2014年以降、日本で働く外国人の数は2倍以上に増加している。日本政府は、追加の340,000人の労働者を国に受け入れることを目的として、2019年の初めに移民および難民認定法を改正した。看護師、レストランの労働者および労働者を引き付けるために、いくつかの特別な規定も取られている。 

 

Close Menu
×
×

Cart