テックカンパニー6社が全体の41%を占める現実

統計会社Statistaによると、アメリカの証券市場Nasdaq 100を最近見たところテクノロジー企業が、COVID-19グローバルパンデミックの間に繁栄している数少ない業界の1つであると報告している。

アナリストは、AmazonやAppleなどの企業の四半期決算レポートが7月27日の週に発表されるが、2020年の第2四半期はわずかな損失または損失がないと予測しており、急増するデジタルインタラクションと安定した販売により、グローバルな失業の増加を相殺するとみている 。

そして驚く現実として、米国西海岸のテクノロジー企業のうちわずか6社がインデックスの時価総額全体のほぼ半分を占めていることがわかると伝えた。

Nasdaq 100の上位6社の時価総額を見ると、それらが全インデックス値の約49%を占めている。現在、アップルが12%でトップで、MicrosoftとAmazonがそれぞれ約11%で続いている。 Alphabetの2つの株式クラスの合計は7.6%、Facebookは4.2%、Teslaは時価総額で急上昇し、総インデックスシェアのほぼ3%を占めるようになった。

ナスダックコンポジットやS&P 500などの他のトップインデックスと比較すると、Nasdaq 100は2020年に10年前にその価値の500パーセント近くまで上昇し、過去数か月で200パーセントポイントを叩き出している。

これらのトップ企業の1つでさえ価格の下落を経験した場合には、全体指数の大幅な下落に陥り市場の混乱が容易になると予想している。

3
今回の記事は、読んで役に立ちましたか?

Close Menu
×
×

Cart