米国大学の半数以上が対面授業再会に向けて準備を進める

全米の大学は、8月末から9月にかけて秋学期を始める予定だが、学校関係者へ実施した調査によると、その半数以上が、今秋にも対面式のクラスを提供する計画を立てていると The Chronicle of Higher educationが伝えた。しかし、その割合は7月1日の時点(63%)と7月26日の時点(53%)では、ポイントが下がっているいる点にある。

調査によると、オンラインのみのプランの混合と、対面クラスとオンラインクラスのハイブリッドが7月に増加に転じている。 7月末までにオンラインのみのプランは9%から12%に上昇し、ハイブリッドプランは18%から32%にほぼ倍増しました。調査した大学のわずか3%が、まだ決定を下すのを待っていると答えた。

カリフォルニア州などの感染数が増加している所では、数値もかなり変わってくるはずだ。このデータは、秋学期が開始された後に実際の数値を再度レポートします。


3
今回の記事は、読んで役に立ちましたか?

Close Menu
×
×

Cart