i phone 12 国別購入価格ランキング

続いて、世界で最も人気のある2つのスマートフォンオペレーティングシステムのビジネスモデルの違いについて見てみよう。同じレベルで市場シェアを争うことは決してないが、Appleは一部の新興経済国での市場シェアが低い事が下の表からわかる。 iOSユーザーが最も少ない国であるインドにおいて今後重要な市場になってくる事は間違いないだろう。

 

Appleは、地元インドの生産施設に投資した後、初めてその国内に自社の店舗を開くことができるようになる。この規則は、過去に10億人を超える人々の市場へのブランドのアクセスを制限してきたインドの保護貿易主義経済政策の1つだ。新しい施設が稼働する前では、Appleはインド市場向けに電話でかなりの輸入税を支払わなければならず、その結果、裕福なインドの消費者でさえ手が届かない金額となってしまっている。

そうした理由からも、インドのiPhone所有者はスマートフォンユーザーのわずか3%となっている。これは、ほとんどのアフリカやラテンアメリカ、または東南アジアの国々よりも少ない数字だ。しかし、地元インドで生産されたiPhoneSEの価格が484ドルに下がったことで、Appleは、ミッドレンジおよびプレミアムスマートフォン市場セグメントが成長し始めてくると期待している。

2
「i phone 12 国別購入価格ランキング」の記事を読んで役に立ちましたか?
Close Menu
×
×

Cart