米国サンクスギビングデイ(感謝祭)の移動者数の比較

統計サイト、スタティスタの報告によると11月下旬現在、米国でのCovid-19感染数は1,300万人を超え、このウィルス治療のために現在93,000人のアメリカ人が入院していると言われている。

米国の保健当局は、2020年の感謝祭の休暇中は旅行・移動を控えるよう国民に再三警告してきた。

アメリカのトップ感染症専門家であるアンソニー・ファウチ博士は11月29日に、感謝祭の数週間後に米国がCovid-19の「急増」する可能性があると警告した。 TSA(運輸保安庁)による追跡によると、11月26日の感謝祭前後に、7日間連続して米国内の空港を約90万人が通過したことを示していたからだ。

 

11月20日、22日、25日の3日間で一日当たりの乗客数が100万人を超えていた。昨年の感謝祭の週に毎日記録された200万人の乗客と比較すると半分を下回っているが、65歳以上の人々を含む屋内での大家族の集まりに人々が参加した可能性があり、これが今後数週間で新たな感染の津波につながる可能性があることを特に懸念しているという。

 

0
「米国サンクスギビングデイ(感謝祭)の移動者数の比較」の記事を読んで役に立ちましたか?
Close Menu
×
×

Cart