コンピューターサイエンス米国大学トップランキング

6 イェール大学

コンピュターサイエンスは、常に数学と工学と密接な関係がありましたが、イェール大学では、心理学・言語学・経済学・ビジネス・統計学・音楽・医学・物理学など、他の分野とのコラボレーションを重視している。 広い意味でのコンピュータサイエンスの重要性が最もよく理解されるのは、これらのコラボレーションを通す事に学べると考えている。

デューク大学

デューク大学のコンピュータサイエンスの特徴の1つは、部門内のさまざまなグループ、大学の他の部門の研究グループ、他の機関、および業界と積極的なコラボレーションを実施している事です。 情報化時代においては、科学の重要性は、新しい情報の発見から、情報の処理と分析(ビッグデータ)という計算集約型のタスクに移っており、その分野においてもハイグレードな教育を提供している。

8 ジョージア工科大学

1990年、ジョージア工科大学は、コンピューティングの研究にトップレベルにおいて国内で2番目の大学になった事もある輝かしい実績を保持している。 その後も、教育の幅と深さにおいて、常に全米トップ10のランクインを維持している。また、コンピュータサイエンス学部は、教員と学生がコンピューティング研究の限界を押し広げ、コンピューティングスペクトルのほぼすべてのポイントで共同研究者を特定できるようにする知的エコシステム内で運営もされている。

コーネル大学

コーネル大学のコンピュータサイエンス部門は、1965年に設立されこの分野では、長い歴史を持つ大学の1つです。現在、半世紀以上後、コンピューターサイエンスは、1999年に学術ユニットとして設立され、コンピューティングおよび情報科学となり 2019年10月には20周年を迎えています。

約1,000人のCS専攻(うち400人以上が女性)がおり、約200人が博士号を取得しています。約140人の修士学生が在籍しており毎年300人以上の学部生が卒業しています。専攻の39.29%は女性です。 。入ってくる博士号でクラスでは、45%が女性となっているのも特徴です。

10  コロンビア大学

コロンビア大学のコンピューターサイエンスの部門の強みは、特に人工知能と理論に位置付けられている。特に学部生での成長が目立っており、エンジニアリング部門と合わせてアイビーリーグの中ではトップクラスにランクインしている。

全米規模で見るとまだまだコンピュターサイエンスを専攻している学生はマイナーではあるが、この分野での重要性は日々まして来ている。コンピューターエンジニアは、多くの企業が幅広く採用をしており、多くの若者にとって「社歴や経験」といったビハインドを背負わなくて良い。

実力さえあれば、40代-50代よりも確実に多くの年収を稼げる人気職種の一つだ。

同じエンジニア職でも日米で大きな差があることは前回の記事でお知らせしている。

自分の実力がどの国で、どの地域で最も重宝されるかもしっかりとリサーチしておく事がとても重要だ。

0
「コンピューターサイエンス米国大学トップランキング」の記事を読んで役に立ちましたか?
Close Menu
×
×

Cart