米国のインフレ率39年振りの高水準

インフレは、全国の事業主にとってますます懸念されています。物資や労働力を含むビジネスの必需品の価格が高いということは、多くの人がシャットダウンによる損失を取り戻そうとしているときに、ビジネスの運用コストが高くなることを意味します。全米独立企業連盟によると、11月に価格を引き上げたと言っている中小企業は1978年以来の最高水準に上昇した。

 

 

 

消費者は外食のコストの上昇など、価格の上昇に気付いているが、それは必ずしも彼らの消費習慣に影響を与えているわけではないようだ。 Yelpのデータによると、パンデミック前(2019)の検索と比較した場合、2021年に高価格の企業の検索が増加したことを示している。 「$$$$」(Yelpで最も高い価格帯)に指定された企業の検索数は、2021年に56%増加し、「$$$」は31%増加。同時に、「$」と「$$」の企業の検索数は 同じ期間に、それぞれ24%と8%減少したと報告。

インフレの影響に対する懸念は引き続き高い水準にあるが、米国経済全体の個人消費は依然として強い事が証明されている。

2021年全米で新規開業が増加傾向

すべてのセクターで、企業が2021年に入り回復した事が証明されている。運輸保安局は、2021年第4四半期は、パンデミック前のバケーションレベルに近いと報告。ワシントンDCやシカゴを含むより多くの大都市で、屋内での食事や娯楽のためにワクチンの義務化を実施する等、バーやレストランが営業を継続するために、安全性を高めている事も要因となっているようだ。

Yelpのデータはこの傾向を裏付けており、美容、旅行、ナイトライフなど、パンデミックによって最も大きな打撃を受けたいくつかのカテゴリーでビジネスを再開業させる等、復活を示している。

 

 

2021年には、開業は2020年の517,231から8%増加して559,715になりました。Yelpのナイトライフ(9,344の新規事業)、ホテルと旅行(12,396)、美容(42,540)、ローカルサービス(60,069)のカテゴリが最大の増加率を示し、 対前年比では、2021年にはそれぞれ26%、23%、14%、15%増加。レストランと食品の新規開業(74,616)も2020年(67,611)から10%増加している。全体的な新規事業の成長は、パンデミック前のレベルに近く、2021年には2019年と比較してわずか1%の減少に留まったようだ。

この成長傾向は2021年第4四半期を通じても見られ、ナイトライフ(30%増)、美容(13%)、ホテルと旅行(22%)がすべて2020年第4四半期の水準を上回り、パンデミック前( 2019)の水準に戻りつつある。 全体として、2021年第4四半期の新規開業(121,943)は、2020年第4四半期(122,773)に沿っており、1%未満の減少でした。

地域経済に目を向けてみると、2021年には、全米ほぼすべての州で新規開業が増加。 南部のいくつかの州は、新規事業の成長において全米をリードしている。

起業家精神の波が全国に広がるにつれて、Yelpのデータは、メイン州、マサチューセッツ州、ニューハンプシャー州、ニューメキシコ州、ノースダコタ州、オレゴン州、ワシントン州を除くすべての州で、2021年の新規開業が前年比で増加していることを示している。 南部の州では、ミシシッピ(27%の増加)、アラバマ(22%)、ジョージア(19%)、ルイジアナ(16%)など、新規事業の成長率が全米内でも最も高くなっています。

 

 

 

特に第4四半期には、ハワイ(44%)、インディアナ(14%)、サウスカロライナ(8%)で、2020年第4四半期と比較して新規開業が最も増加。テキサス(6%)、カリフォルニア(4%)、ジョージア(4 %)は、同期間に新規開業が増加している。

 

消費者の関心の変化は、旅行やイベントへ

2021年第4四半期にホリデーシーズンが到来し、2019年以降に見たよりも多くの人が直接集まりに戻ってきました。消費者の関心–Yelpでビジネスとつながるために人々がとる多くの行動のいくつかを数えることによって測定されます:ビジネスページの表示、写真やレビューの投稿–は、人々が地元のビジネスにどのように関与しているかを示し、次に、地域経済の回復。

人々がパンデミックの制限の変化を乗り越え続けるにつれて、Yelpのデータは、消費者がプライベートイベントを選択していることを示しており、イベントサービスに関連するカテゴリへの関心が高まっています。 2021年第4四半期には、ゲームトラックのレンタル(89%増)、バルーンサービス(42%)、DJ(110%)、フォトブースのレンタル(144%)、サイレントディスコ(284%)、パーソナルシェフ(284%)に対するYelpの消費者の関心が高まりました。

 

 

オミクロンの亜種を取り巻く懸念が高まっているにもかかわらず、感謝祭の休暇の週の空の旅はパンデミックの記録を打ち立て、Yelpのデータはアメリカ人の旅行への欲求の高まりを明らかにしました。第4四半期には、荷物預かり(101%増)、空港シャトル(66%)、旅行代理店(39%)、バスツアー(33%)、フードツアー(21%)など、いくつかの旅行カテゴリに対する消費者の関心が2020年のレベルから回復した。

 

外食への復帰が増えても、消費者はオンライン注文

レストランおよび食品事業は、進行中のパンデミック、インフレ、および労働力不足によってもたらされる課題に引き続き直面しているものの、 2021年第4四半期の消費者の関心が2020年より7%高く、パンデミック前のレベル(2019年)より107%高い食品配達サービスに対する継続的な高い需要も示している。 冒険した人々の場合、ディナーシアター(97%)、鍋(55%)、ビュッフェ(31%)、回転寿司(55%)など、以前は社会的距離のガイドラインによって覆されていたダイニングオプションに対する消費者の関心が高まりました。 )–すべて2020年第4四半期のレベルから増加。

現在、消費者は食事の仕方についてこれまで以上に多くの選択肢を持っており、地元の食品やレストランの企業が顧客にサービスを提供する機会が増えている。

全体として、2021年は、パンデミックがサプライチェーンと労働力の制約、および需要の停滞と相まって、景気回復をどのように複雑にするかを強調しました。 パンデミック前のレベルに近づいた開業とワクチン接種は、多くの人がわずか1年前に制限されていた対面活動に戻ることを可能にする上で重要な役割を果たしました。

 

 

全体として、2021年は、パンデミックがサプライチェーンと労働力の制約、および需要の停滞と相まって、景気回復をどのように複雑にするかを強調しました。 パンデミック前のレベルに近づいた開業とワクチン接種は、多くの人がわずか1年前に制限されていた対面活動に戻ることを可能にする上で重要な役割を果たした事が伺える。 現在、Yelpには4つの価格帯($、$$、$$$、$$$$)があり、ビジネスの価格帯はYelpユーザーによって投票されます。消費者は、Yelpでビジネスを検索するときに価格帯フィルターを使用できます。消費者が使用するさまざまな価格帯のシェアは、消費者の一般的な支出意欲を示しています。

 

0
「米国のインフレ率39年振りの高水準」の記事を読んで役に立ちましたか?
Close Menu
×
×

Cart