COVIDの年齢別長期化ランキンング

新型コロナウイルス感染症の重症度の長期化問題に関しては、海外でも同様の結論に達しており、ある調査では、英国企業の 4 分の 1 が長期のスタッフ不在の主な原因としてCOVIDに夜症状を挙げていることが分かった。

ロングコビッドは、ウイルスに感染した後、数週間または数ヶ月に渡って経験する可能性のある影響の名称です。まだ完全には解明されていないが、不眠症、頭痛、味覚や嗅覚の変化、消化器系や呼吸器系の問題など、さまざまな症状として現れる可能性があると言われている。

国勢調査局と疾病管理予防センター (CDC) が収集したデータによると、米国の成人の 14.8% が、ロングコビッドを患っていたと述べている。女性は更に可能性が高く、男性の11.3%に対して18.2%となっている。下のグラフが示すように、40 歳から 49 歳の年齢層、続いて 30 歳から 39 歳、50 歳から 59 歳の順で、症状が長期化する可能性が高くなるようだ。

 

この調査では、現在米国で新型コロナウイルスに長く感染している人物のスナップショットも明らかになりました。今年の 7 月 27 日から 8 月 8 日までの間に、米国の成人の 7.6% が、長い間 Covid を経験していると答えました。このデータは、グラフに示されているより広い範囲を反映しており、女性は男性よりも高い割合を示しており、米国の成人の 9.5% に対して 5.6% でした。今回も 40 ~ 49 歳の割合が最も高く、今回は 10.1% で、50 ~ 59 歳の 9%、30 ~ 39 歳の 8.3% と続いている。

また人種別では、ヒスパニック系またはラテン系のコミュニティがロングコビッドを経験する可能性が高いことを示しており、米国の成人全体の19.9%であり、これは全国平均の14.8%を上回っている。

 

0
「COVIDの年齢別長期化ランキンング」の記事を読んで役に立ちましたか?
Close Menu
×
×

Cart